【腸のゴールデンタイム】ヨーグルトを利用したダイエットの原点

スポンサーリンク



FCFS_ichigonoprin_TP_V

 

昔からヨーグルトを利用したダイエット方法が注目されています。

実際に、減量効果を期待してヨーグルトを摂取し、ダイエットを
成し遂げることができた人もいるでしょう。

 

 

ヨーグルトとダイエット

 

ヨーグルトにはビフィズス菌等が入っているため、食べることによって
腸内の環境を整えてくれるという効果が期待できます。

 

 

腸の善玉菌を増やし、消化吸収力を高めておくことは、ダイエット効果の他にも
美容や健康にもいい作用をもたらします。

 

 

女性の中には便秘で困っている人が少なくありませんが、ヨーグルトに
含まれる乳酸菌はお通じをよくしてくれる成分です。

 

 

腸のゴールデンタイム

 

 

夜10時から深夜2時までは(腸のゴールデンタイム)
腸が活動が活発になる時ですので、それに合わせて夕食のヨーグルトを
食べておくのがベストです。

 

 

つまり、夕食後にヨーグルトを食べると非常に腸内環境が整えられて
ダイエットに効果的に働くわけです。

 

 

 

ダイエットにヨーグルトがいいとされているのは、ヨーグルトを摂取することで
便秘の症状を改善でき結果的に腸をケアする事で、健康にも美容にも良いということです。

 

ヨーグルトを食べると、体脂肪の燃焼率が高まり
ダイエットへの効果が期待てきると言われています。

 

 

 

ヨーグルトと基礎代謝

 

 

便秘体質は代謝が低くなるので、カロリーを燃やしてエネルギーにする作用が低くなり
ダイエットを困難にしてしまいます。

 

エネルギーの燃えやすい、代謝のいい体になるには、腸内環境がよくなり
腸がきちんと機能するようになることが、とても大事なことです。

 

基礎代謝の高い体質になれば、運動や日々の活動で消費されるカロリー量も多くなって
ダイエットがしやすくなります。

 

直接 腸まで届く乳酸菌の量はごくわずかだとされています。

乳酸菌には、いくつかの種類があります。

 

 

相性の良い乳酸菌を選ぶ

 

 

人によって相性のいい乳酸菌は違いますので
ビフィズス菌や、ヤクルト菌、クレモレス菌などから、ご自分にあうものを選びましょう。

 

試しに食べてみて、どのヨーグルトが食べやすく、効果が得られそうかを見極めます。

 

ダイエット効果がどれ位あるのかは、もちろん気になる点ですが
自分の口にあう商品を選択することも、ダイエットを継続するためには大切なことです。

 

 

まとめ

 

 

食物繊維の多い食事をした上で、ヨーグルトを使ったダイエットをすることで
腸のコンディションをより良い状態にすることができるといいます。

 

ヨーグルトと食物繊維を併用することで、胃の中で分解吸収されずに
腸に到達する成分が多くなります。

 

 

 

 

スポンサーリンク