Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

デリケートゾーンが臭い原因(すそわきが・病気・菌)の対策!

デリケートゾーンの臭いニオイに悩んでいる女性が非常に多く、デリケートゾーンが臭い原因というのは、人それぞれ異なります。

 

 

実際、女性のデリケートゾーンは臭いやすいところです。ではなぜ、臭うのでしょうか?原因を正しく知らないと消臭対策はできません。

ここでは、デリケートゾーンが臭い原因と、どう対処すればいいのか、対策を細かく説明しています。

デリケートゾーンの臭いニオイを改善することも、美容ケアのひとつです。

 

 

デリケートゾーンが臭い原因

デリケートゾーンが臭い原因には、すそわきが・性病・汗や雑菌、があります。これらの原因によって、デリケートゾーンの臭いニオイもちがいます。

では、それぞれどんなニオイなのかその違いと、原因による対策を解析しますね。

 

「すそわきが」が原因

原因 すそわきが
ニオイ 放置した生ごみのニオイ、ゴボウや酢のニオイ
対策 食事改善、デオドラント製品、手術

 

オリモノのニオイは臭くはないが、デリケートゾーン全体が強く臭う場合は、すそわきがかもしれません。

 

すそわきがとは聞き慣れないかもしれませんが、わきがと同じように体質の問題です。すそわきがは、きれいに洗っても解決しません。

 

デリケートゾーン専用の石鹸など、デオドラント製品の使用が必要ですが、場合によっては手術も考慮しておく方がいいでしょう。

 

 

すそわきがのニオイは、洗ってもすぐに臭くなったり、酸っぱいニオイがしたりします。すそわきがとは、体質の問題です。石鹸で洗っただけではニオイは取れません。

 

すそわきがの程度によって、改善する方法もちがってきます。

すそわきがの程度 近づけば少し臭う
対処法 食生活の改善、VIO脱毛

 

すそわきがの程度 少し離れても臭う
対処法 デオドラント製品

 

すそわきがの程度 下着に黄色いシミがつく
対処法 手術

 

下着を下げた時の臭いが、自分で気になるなら、すそわきが専用の石鹸やクリームなどデオドラントを使用することをおすすめします。

自分でニオイを感じるようなら、夏場や狭い場所では、まわりの人にも臭いニオイがもれている可能性があります。

 

 

 

すそわきがの原因は、主に雑菌です!すそわきが専用アイテムで雑菌の増殖を防ぐ効果が期待できます。

 

もし、パンツに黄色いシミがつくようなら、病院を受診して、相談する方がいいでしょう。場合によっては、手術をすすめられるかもしれません。この場合、何科を受診したらいいのか、次を参考にしてください。

 

すそわきがの治療は何科?

デリケートゾーンの臭い原因が、すそわきがだという疑いがあるなら、病院に行かれる方が早く改善ができます。

 

その場合、何科に行くかということですが、産婦人科・皮膚科・形成外科・専門クリニックですが、病状に応じて手術が必要なら、手術対応の病院にと紹介をしてくれます。ちなみに形成外科は、保険適用での手術治療など検討をしてもらえます。

 

病院では、すそわきがかどうか判断するセルフチェックや、重症でなければ、内服薬と外用薬による治療をします。

しかし処方される外用薬では、効果は長くても数時間程度で、デリケートゾーンの臭いニオイの改善も、一時的処置という場合もありますので、しっかりと医師と相談をしてください。

 

とは、いうものの男性医師には相談しにくいですよね、女性医師のいるクリニックも掲載しておきますので参考にどうぞ。

 

すそわきが治療の予約時に、女性医師対応の希望を伝えておくことで、女性医師による治療が可能なガーデンクリニックがあります(状況によります)

 

ワキガや多汗症の治療に効果的な「ビューホット」を採用しているクリニックです。

ビューホットとは、切らないでニオイや汗の元となる汗腺だけを効率的に破壊する専用の機器です。

このビューホットは、すそわきがの治療にも効果的です。VIOラインのエクリン汗腺や、アポクリン汗腺に対して 、ワキの施術同様にビューホットを照射することで、デリケートゾーンの臭いニオイの元を破壊します。

 

 

下記の公式サイトで、詳しい治療法が確認できます。
公式サイト>>【池袋、品川、横浜、名古屋、大阪、福岡】で多汗症治療をするなら

 

 

 

ここまでは、デリケートゾーンの臭い原因の、すそわきがの解析でした。

 

 

 

「性病」が原因

原因 性病
ニオイ 生臭いニオイ(魚、イカ、チーズのような)
対策 病院を受診

 

オリモノが生臭いようなニオイがするときは性病の疑いがあります。病院の受診が必要となりますが、病院に性病検査を受けに行くには、勇気がいりますよね。

 

そんな人は、自宅で出来る性病検査キットのご利用をおすすめします。自宅で誰にも知られず匿名で受けられる性病検査キットのサービスがありますので紹介をしておきます。

 

性病検査STDチェッカー

プライバシーを尊重した、クラミジア・淋菌・エイズウイルスなどの性病検査を「自宅でカンタンに匿名」で受けられる検査キットです。

医療機器承認の採取キットで安全です。デリケートゾーンの臭いニオイは性病のサインかもしれません。気になったら病気の早期発見のためにも検査キットの利用をおすすめします。

まずは、下記の公式サイトで検査キットの概要をご確認ください。



検査キット公式サイト>>性病検査 STDチェッカー

 

 

オリモノのニオイと病気

病名 細菌性膣炎
オリモノのニオイ 生臭い(魚、イカ)
オリモノの状態 黄色、黄緑色

 

病名 カンジダ
オリモノのニオイ チーズ臭い
オリモノの状態 白色、ぽろぽろしたカス

 

病名 トリコモナス
オリモノのニオイ 魚の腐敗臭
オリモノの状態 黄緑色、泡状

 

病名 淋病
オリモノのニオイ 生臭い(場合によっては無臭)
オリモノの状態 量が増える

 

病名 クラミジア
オリモノのニオイ 生臭い(場合によっては無臭)
オリモノの状態 量が増える

 

病名 子宮系疾患
オリモノのニオイ 血生臭い
オリモノの状態 血が混じり、茶色くなる

 

 

 

 

思い当たるところがあれば、検査を必要とします。特に、性感染症や子宮系疾患は、最初、痛みや出血などの自覚症状が少なく、オリモノの変化を見逃さないことが重要です。

 

性感染症を放置すると、HIV感染リスクも高くなります。また、不妊、早産、流産、死産などのリスクも高めます。

 

以上、デリケートゾーンの臭いニオイの原因と、性病についての解析でした。

 

 

 

 

「汗・雑菌・恥垢」が原因

原因 汗・雑菌、恥垢・オリモノ
ニオイ 生臭い、酸っぱい、アンモニア臭
対策 専用石鹸、クリーム・サプリなど

 

デリケートゾーンが臭う、一番多い原因は汗と皮脂による雑菌臭です。デリケートゾーンの雑菌が、汗や皮脂で活動的になり、悪臭を発します。

 

デリケートゾーンは、汗をかきやすい場所です。さらに、デリケートゾーンにたくさんあるアポクリン腺には皮脂や角質が溜まりやすいのです。蒸れないこと、毛穴に汚れをためないことでデリケートゾーンの臭いニオイを防止できます。

 

さらに、制汗クリームやデリケートゾーン専用石鹸の使用で、ニオイをかなり抑えることができます。

 

 

デリケートゾーンの雑菌について

では、デリケートゾーンの臭う、様々な雑菌についてみていきましょう。

 

 

 

①オリモノが原因
オリモノが付着したままの下着は、雑菌が増殖しやすく、強く臭います。オリモノはたんぱく質が多いので、雑菌が好む成分です。

オリモノシートや専用ウェットシートを使用をして、デリケートゾーンを清潔に保ちましょう。

 

②恥垢(ちこう)が原因
恥垢とは、デリケートゾーンの汚れが固まった白いカスです。とても強いアンモニア臭がします。

恥垢は、皮脂や古い角質、排せつ物の拭き残しがたまったものです。特に、大陰唇の内側は溜まりやすいので気をつけましょう。

 

 

③洗いすぎが原因
デリケートゾーンのニオイを気にして一生懸命洗う人がいますが、洗いすぎも逆効果です。さらに、一般のボディソープで洗うのもおすすめできません。

洗浄力が強すぎて、膣内の善玉菌の力を弱め、悪玉菌に力を強めてしまうからです。

そうなると、オリモノ臭が強くなり、カンジダや細菌性膣炎にかかりやすくなる原因を作ってしまします。

 

 

④生理が原因
経験があると思いますが、生理前後はニオイが強くなります。

・生理前は、オリモノの量が増える
・生理中は、ナプキンで蒸れ、経血のニオイ
・生理後は、生理中のニオイが残っている

以上の原因からデリケートゾーンのニオイを発します。1週間程度、生理があり1ヶ月の1/4から1/3もの間、臭っていることになります。

オリモノシート、ナプキンを頻繁に取り替え、専用ウェットシートを使い、デオドラントスプレーを使用するなどで、デリケートゾーンのニオイを抑えることができます。

 

 

⑤女性ホルモンが原因

デリケートゾーンのニオイは、妊娠・出産など女性ホルモンの影響も受けます。さらにストレスでもデリケートゾーンのニオイの原因となります。

女性ホルモンが崩れる原因まとめ

・ストレス
ストレスにさらされると、女性ホルモンのバランスがくずれ、ニオイの原因になります。

・妊娠
妊娠・出産による女性ホルモンの急激な変化で、デリケートゾーンやオリモノが臭い原因となります。特に臨月のオリモノの臭いに気を付けましょう。

体がセンシティブになっている出産前は特に、カンジダや細菌性膣炎に注意しましょう。放置すれば、切迫流産に結び付くことにもなりかねません。

 

・ピルの服用
避妊や月経前症候群対策で、低容量ピルを飲んでいると、デリケートゾーンのニオイが強くなることがあります。

特に、飲み始めたころは、女性ホルモンが急変しますので、膣周辺を清潔にしましょう。

 

・加齢、更年期
更年期に、女性ホルモンの分泌が不安定になり、オリモノが臭くなることがあります。

更年期には、萎縮性膣炎や子宮がんなどにもかかりやすく、オリモノが血生臭かったり、不正出血があれば、医療機関を受診しましょう。

 

 

 

デリケートゾーンの雑菌

デリケートゾーンには、アポクリン腺がたくさんあり汗をかきます。その汗には脂肪酸、たんぱく質、糖質、尿素、アンモニアを含んでおり、雑菌の大好物です。

 

デリケートゾーンの臭いニオイを断つには、デリケートゾーンを清潔に保ち、制汗することが大切です。

 

せっかくオリモノシートやナプキンを使っているのに、適切に取り替えないなら逆効果になります。

また、制汗できれば、雑菌の増殖が防げ、ニオイを予防できます。

 

 

膣内の雑菌の増殖にも注意が必要です。オリモノが臭うときは、膣内の雑菌の増殖が考えられます。疲労、ストレス、風邪などの病気、洗いすぎなどが雑菌の原因となります。

 

デリケートゾーンの洗いすぎに注意

デリケートゾーンの洗いすぎは、逆効果です。膣内のデーデルライン桿菌(かんきん)と呼ばれる善玉菌の作用で、カビや雑菌を防いでいます。

 

洗いすぎると、デーデルライン桿菌の作用が抑えられ、悪玉菌が力を盛り返し、オリモノから生臭いニオイを発することになります。

ニオイを防ぐには、体に抵抗力を付け、間違ったケアをしないことが大切です。

 

ではもう少し追求して、膣内のケアについてみていきましょう(ココが重要なんです)

 

膣内洗浄

トイレ後のウォシュレットの使いすぎ、膣内を必要以上にシャワーで洗浄したり、これらは間違った膣ケアの仕方です。

 

清潔にして臭わないようにしたいという気持ちはわかりますが、逆効果にならないように正しいケアをしないとデリケートゾーンのニオイは増します。

 

膣内部を洗いたいときは、婦人科の受診をおすすめです。が、なかなか膣洗浄では病院にはいきませんよね。

 

それなら、自宅で膣洗浄のケアをしましょう。膣洗浄用の医療品も販売されています。

nclearインクリア

インクリアは、ジェルタイプの膣洗浄用の医療品です(管理医療機器膣洗浄器)

 

デリケートゾーンのニオイで悩んでいるの女性に支持されているデリケートゾーン専用のアイテムで、炎症、かゆみ、オリモノなどトラブルを改善します。

 




使い方などの詳細は公式サイトでご確認ください。
>>デリケートゾーンのケア【インクリア】

 

 

 

デリケートゾーン専用アイテム

【アンダーヘアを減らす】

アンダーヘアの量を減らすことで、蒸れ予防になり、ニオイが減ります。蒸れると雑菌が増殖します。

◆ アンダーヘアカット
アンダーヘアを短くカットするだけで、ニオイはかなり軽減します。ヒートカッターで処理すれば、毛先がチクチクしません。

◆ アンダーヘア剃毛(ていもう)
除毛ワックスで剃毛し、アンダーヘアを減らす。ニオイが発生しやすい、Iラインだけでも、スッキリと処理をしましょう。ニオイ防止に効果的です。



公式サイト>>Angelicaワックス

こちらのワックスのサイトには、VラインやIラインの脱毛のコツの動画もありますので、参考にしてください。

 

◆ VIO永久脱毛
VIO永久脱毛をすれば、蒸れや恥垢を減らせます。デリケートゾーンのニオイに悩んでいる人にはおすすめです。


痛くない脱毛サロン・Dioneは、「ハイパースキン法」による脱毛で、VIO専用のプログラムです。

全国120店舗展開のサロンで、様々なファッション雑誌でも紹介され安心の脱毛サロンです。VIO脱毛専門だから恥ずかしくない!

詳細は公式サイトをご確認ください。
公式サイト>>ハイパースキン脱毛専門サロン ディオーネ VIO脱毛

 

 

 

【オリモノシート】

オリモノが下着についたまま、長時間放置すると、強く臭います。オリモノシートなら、こまめに替えられます。

 

【デリケートゾーン専用ウェットシート】

デリケートゾーン専用のウェットシートが売られていることをご存知でしたか?バッグに入れておけば、外出先でも安心です。

汗だけでなく、汚れやニオイまで拭き取れるので、時と場所を選ばず、お手軽です。

 

【デオドラントスプレー】

デオドラントスプレーは、バッグに入れておけば、いつでも手軽にトイレでスプレーできます。ただ、持続時間が短いのが難点ですが、こまめにケアすれば大丈夫です。

デリケートゾーンに手を触れることなくできるので、衛生的です。



気になるデリケート部分にシュッとひと吹きするだけで消臭。
公式サイト>>消臭効果が実証されているIPMPと6つのジャムウ成分配合の
デリケートゾーンミスト!

 

 

【デオドラントクリーム】

デリケートゾーンに専用クリームを塗ると、即効性も持続性もあります。最近では、いろんなタイプのものが出てきています。以下の3つの効果をうたっている医薬部外品を選ぶといいでしょう。

殺菌作用(イソプロプルメチルフェノールなど)
消臭作用(柿タンニン、ミョウバンなど)
制汗作用(パラフェノールスルフォン酸亜鉛)

医薬部外品は、成分の有効性について、国が認めていますから安心で、デリケートゾーンの臭いニオイに、改善効果が期待できます。



一度ぬったらもう手放せない!デリケートゾーンのニオイ、蒸れを解消で心地いい爽快感。
公式サイト>>臭わない!さらさら!スベスベ!【HIPLIP】

 

 

 

【デリケートゾーン専用ソープ】

デリケートゾーン専用ソープは、普通に多くの女性が愛用しています。今やデリケートゾーンのケアも美容ケアの一環ですよね。

 

デリケートゾーン専用のソープは、汗と皮脂・オリモノ・恥垢・生理のニオイの原因を、総合的にケアできます。

 

ソープ使用後は、きちんと洗い流しましょう。残った石鹸カスや汚れはニオイの元になりますので。

デリケートゾーン専用のソープは、消臭効果の即効性、持続性はやや劣りますが、続けて使うことによって効果が期待できます。また黒ずみ予防にも効果が期待できます。



デリケートゾーンのニオイの元や、古い角質による黒ずみをケアする、自然派石鹸、『ジャムウハーバルソープ』は、各メディアでも紹介されているヒット商品です。

デリケートゾーン以外にも、脇のニオイにも効果的です。詳しい成分等は公式サイトでご確認ください。
公式サイト>>305万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ

まとめ

デリケートゾーンの臭い原因や対策を解析しました。なかなか人には相談しにくい悩みでしょうが、このサイトを読まれたあなたなら、原因も適切なケア方法も理解できたと思います。

放置すればニオイはひどくなるばかり、適切に実行すれば、消臭効果につながります!