Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【リサラ】薬用制汗ジェルの 脇汗抑制効果!他商品とのちがいは?

脇のトラブル

年齢と共に汗の量も増えます。

最近は汗を抑制する商品がたくさん出ていますが、今回は特に人気の「リサラ」について書いていきます。

薬用制汗ジェル リサラは、ホントに脇汗を抑制する効果があるのか?リサラと他商品との違いは?

これらについて調べてみました。

 

リサラとは

 

リサラは、脇汗や汗ジミ対策効果の商品アンケートで、「信頼できる商品」「使ってみたい商品」共に第1位となったことのある有名な、美容雑誌や新聞にも掲載された話題の制汗剤です。

 

リサラの概要

脇汗を抑制し1日中 脇がサラサラにキープできる効果の制汗ジェルで、汗ジミなど気にしないで、すがすがしく1日を過ごせるという商品です。

リサラの特徴

・透明なジェルなのでよく市販されている商品のように白くならない
・伸びが良くすぐにサラサラで浸透しやすいように粘度を下げている
・脇以外の手足や背中など汗が気になる所に使用ができるが、顔はNG

 

 

リサラと他商品の違い

制汗商品は肌を乾燥させて脇汗を止めるという商品が多く、このような商品の場合は、体は余計に汗や皮脂を出そうとする働きが起こりますが、リサラはラプカルムという制汗成分でこれは潤いを与え、余計な汗の量を減らし、さらにお肌に膜を張る事で脇汗を止める効果の成分が配合されています。

 

 

そしてアーティーチョークエキス配合でメラニンの生成を抑え毛穴を引き締め脇の黒ずみも抑えます。

 

 

 

リサラがチューブ入りの理由

ここが重要ポイントです!

スプレータイプはサラっと感を実感できますが、お肌を乾燥させる成分が配合されているものが多く、肌トラブルの原因として脇の黒ずみにつながる要素があります。

 

またロールタイプだと、常に直接ロールを脇にあてて塗るので、ロールに雑菌が付着し、使い切るまで残りの商品にも影響がでる場合もあります。

 

よって、リサラはスプレーやロールタイプではなく、チューブ入りなのです。

 

リサラの成分

では、リサラの主要成分を紹介しますね。

制汗効果が認められている薬用成分 高純度クロルヒドロキシアルミ二ウム配合のため、脇汗を止め、茶エキスによってニオイを抑えます。

メンチルグリセリルエーテルで脇をサラサラにし、保湿はプルーン酵素分解物配合で潤いを与えます。

 

※着色料やパラベン、界面活性剤は使用をしていないので安心して使用ができるようです。

リサラ公式はコチラ>> 朝塗れば、1日中脇汗知らず♪【リサラ】

リサラの難点

 

サラっとしているので塗るときにポトッと落ちたり洋服についたりする可能性があるので気を付けた方が良いようです。しかし、透明なので目立つことはありません。

 

まとめ

脇汗を止める効果のある商品がたくさん出ていますので多々、試してみてご自分のお肌に合った商品を選んでくださいね。

脇汗の服への滲みやにおいは最低限、気をつけたいマナーですよね。